小麦粉シャンプー研究所 .

小麦粉シャンプーは、頭皮に、お肌に、環境に、お財布に優しい、手作りシャンプーです。小麦粉シャンプーの作り方、使い方、良いところ、悪いところ、その他情報を掲載しています。

-->

櫻田が小麦粉シャンプーに出会うまで

櫻田がアトピーや脂漏性皮膚炎に悩み、
そして小麦粉シャンプーに出会い、しかし浮気を重ね(笑)、
そして共に一生歩んで行こうと誓うまで、、。

波瀾万丈の小麦粉物語に全世界が泣く!(泣きません)


■ 小さい頃からアトピー体質

小学生の頃からちょいアトピー体質で、大学1年生の時にスパーク!
なんて言うんですか、人に会いたくないレベルのアトピー症状で、
半年かけて漢方薬で治しました。
超くっさーい漢方を煮だして泥水色の煎じ薬を飲むんですが、、、
想像を絶するマズさでしたねぇ、はい。

1年でアトピーはほぼ完治し、季節の変わり目に少し痒くなる程度で、
アトピー体質と仲良くおつき合いしていました。


■ 大人になって15年振りにアトピー復活大フィーバー


しかし、アラサーも後半になってアトピーが復活し、
寝られない夜が続き、また漢方にお世話になることとなりました。
こう、顔に出ると、ホント、泣きたくなります、っていうか泣きました。

ちょうど化粧品の成分が気になりだした頃だったので、
ノンケミカルな化粧品に変えていた時期だったのですが、
オーガニックとか天然って実は危険で、天然ゆえに純度が低く、
思いがけずアトピー反応が出てしまうことってあるんですよね。

ケミカルな方がよっぽど安全なこともある。
これは覚えておいて良いと思いますよ。

atopi0831.jpg


■ お次は脂漏性皮膚炎が頭皮に出来た

そこに追い打ちをかけるようにやって来たのが、脂漏性皮膚炎。

20090819.jpg
#頭皮のマイクロスコープ写真 白いのは、いわゆるフケ。
#角質層の角化が異常に進んで、どんどんはがれちゃうの。

成分良好の影響で、シャンプーの合成界面活性剤も気になりはじめて、
液体石鹸シャンプーに変えました。

はい、賢い皆さまはご存じですよね。
石鹸だって「合成」とは分類されないけれど、界面活性剤であり、
さらに脱脂効果がとても高い=刺激が強いんです。

ある日頭皮がかゆいなーってぽりぽり掻いたら、
粉雪のようにフケが落ちて来たんです!!!
いや、また泣きましたねぇ、ほんと、悲しくなって。

fukefukefuke.jpg

病院に駆け込んで液状のステロイド薬を頂いたり、
シャンプーを変えたりしましたが、あまり良くならない。

黒や紺などダークな色のトップスは着られない日々が続きました。


■ ブログで小麦粉シャンプーを勧められる


美容ブログで脂漏性皮膚炎のことを書いたら、
読者の方から小麦粉シャンプーなるものをご紹介頂きました。

が。。。。小麦粉なんて、、、貧乏クサイし、こんなんで治る訳ないし、
なんか胡散臭いって思って(ごめんなさい!)調べるだけで、
実行はしなかったんです。。


■ ブログで多くの方から小麦粉シャンプーを勧められる

脂漏性皮膚炎が治らない中で、複数の方からも勧めて頂いて、
これはやってみないと示しがつかない(すみません!)、
まぁ、騙されたと思って、、、と、試しにやってみたんです。

そしたら、あらまあびっくり☆
フケが取れてかゆみが収まったんです!

なぜでしょう?

フケは小麦粉シャンプーの糊的効果で吸着して取り除くものの、
それ以上の刺激を与えないのが良かったんだと思います。

それまで使っていたシャンプーも刺激の少ないものでしたが、
やはり界面活性剤が含まれていて、その刺激が悪かった、と。

小麦粉シャンプーが何かよいことをしたとか、
小麦粉のこの成分がいい!とかではなくて、
単に界面活性剤が含まれていない、それが良かったと思うのです。


■ そして何度かの浮気を乗り越えて

でもさ、小麦粉シャンプーって作るの面倒じゃないですか。
普通のシャンプーを買って置いておく方がよっぽど簡単。安いし。

そしてバカな櫻田は、普通のシャンプーに戻っては再発させ、
さらに普通のシャンプーにまた戻っては再発させるという愚行を越え、
やっと、小麦粉シャンプーが良いってっていうか、

「普通のシャンプー=界面活性剤は一生ダメだこりゃ。」

という結論に達しました。
以後小麦粉シャンプーを作り続けております。





大切なことに気づくって、紆余曲折の経験を通じて、
やっと、本当に気づくことができるものなんですね。。。
あ、櫻田がバカ過ぎというご指摘、否定できません、はい(笑)

| 小麦粉シャンプーに出会うまで | 2012年03月06日22:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT