小麦粉シャンプー研究所 .

小麦粉シャンプーは、頭皮に、お肌に、環境に、お財布に優しい、手作りシャンプーです。小麦粉シャンプーの作り方、使い方、良いところ、悪いところ、その他情報を掲載しています。

-->

小麦粉シャンプーの6つの良いところ

1.刺激がほとんどない。

材料は水と小麦粉だけ。小麦粉アレルギーの方以外なら、
刺激になりようがないっ。


2.皮脂や汚れを穏やかに取り除いてくれる。

小麦粉から作られる「グルテン」には、
おだやかに皮脂や汚れ臭いなどを取り除く力があります。

界面活性剤(石けんやボディーシャンプーの洗浄成分)より穏かなので、
頭皮への負担が少なくなります。


3.ニキビやアトピーなどの皮膚炎が治る!(場合があるw)

シャンプーやトリートメントのコーティング成分や栄養成分、界面活性剤(洗浄成分)。
頭皮や顔、全身のお肌にとっては刺激になっているかもしれません。

背中やおでこの髪の生え際、胸の間など、
しつこく地味に治らないニキビや吹き出物の原因は、
もしかしたらシャンプーやトリートメントにあるかもしれません。

1週間止めてみてください。それだけで何かが変わるかもしれません。
櫻田は変わりました。


4.とにかく安い!

小麦粉シャンプーは、小麦粉代しかかかりません。
1回10g使用した場合、電気代(もしくはガス代)と水道代を入れても、
おそらく100円未満でしょう。


5.リンス不要で、さらに髪にかけるコストが下げられる。

小麦粉シャンプーはしっとりした洗い上がりで、リンスやトリートメントは不要です。
ですから、リンス&トリートメント代も浮いて、
トータルでヘアケアコストを下げることができます!


6.電子レンジで作って作りおきすれば、手間もかからない。

毎回お鍋で作るなんて、面倒過ぎる。。。そりゃ面倒過ぎます。
電子レンジで作れますし、さらに、1週間位なら冷蔵庫で保存できますから、
作り置きも可能なんです。





あまり神経質に
 「徹底的に界面活性剤を排除するんだ!」
 「1日たりともシャンプーやトリートメントを使っちゃいけない!」
と思っていると、ノンケミ疲れしますので、ほどほどにしましょう。

普通のシャンプーを使っていたって、体にそんなに害になるわけじゃありませんから。

| 良い所 | 2011年11月21日18:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

小麦粉シャンプーにリンスは必要なのか?

結論:不要です。


■ そもそもなぜリンスが必要なのか。

・ふつうのシャンプーの場合

はっきり言って、リンスが必要と設定すると、企業がもっと儲かるからです。

シャンプーしかなかったら、シャンプー作ってる会社、儲かりません。
リンスが必要になるようシャンプーを作り、宣伝し、
当たり前のようにセットで販売しているわけです。

スキンケアもそうです。なるべくアイテム数を増やした方が、儲かります。
本当は化粧水なんて要らないのに。(あくまで櫻田の持論ですが、ヨーロッパもそう。)
ずっと絶対必要なアイテムだって、信じ続けていたけど。

っと、ちょっと業界批判で石けん信者のような感じになってきちゃいました。


毛穴って、毛のために存在しています。名前の通り。
そして、毛穴には皮脂腺があって、頭皮や毛をコーティングして守るために皮脂を出しています。

なぜその皮脂を根こそぎ取って、
人口的な、いろんな添加物が入ったオイルやらコーティング剤を塗布しなきゃいけないのか、
その理由が分かりません。

 ほら、頭皮の毛穴はこんなに皮脂が詰まっていて、
 これがトラブルの原因になってるんですよー。汚いですよねー。
 だからこのシャンプーで毛穴の奥まで皮脂を除去してあげましょう!

そんな写真を見せられたら、思わずうなずちゃいますけど。

皮脂は確かに酸化して肌に悪さをしますが、
強い界面活性剤で根こそぎ取ることが良いとは思いません。
皮脂分の取りすぎ&乾燥は、さらに皮脂の分泌を促し悪循環を生み出します。

本当にリンスは必要なものなのか?櫻田はそうは思いません。
しっかり取って人工的なものを補うのではなく、
必要最低限取って、髪と頭皮の力に任せた方が、
余計な刺激もお金も少なくて済むと思うのです。


・石けんの場合

これには正当な理由があるのは皆さまご存じですよね。

石けんシャンプーは弱アルカリ性なので、
髪を洗った直後はキューティクルが開いた状態でキシキシ感じます。
でも、酢やクエン酸で中和すると、すばやくキューティクルが閉じ、つるつるになります。

でも、髪は乾くと自然に弱酸性に戻りキューティクルが閉じるので、
必ずリンスを使わなくてはいけない、というわけではありません。

頭皮には自分で弱酸性に戻す力が本来備わっているんですね。

洗髪直後に髪がギシギシいってるのが、
これまでの経験(合成ポリマー入りのシャンプーの使い心地)から、許せない。
髪が痛んだような気になってしまう。だから急いで中和しているだけ。
固形で洗う時は石けんカスが残らないように気をつけないとですが。

石けんだって、リンスは本来不要なんです。


・小麦粉シャンプーの場合

小麦粉シャンプーの洗い上がりはしっとりしてますので、リンスは不要です。
って、それだけかよっ。





櫻田の髪質はあまり良くありません。

艶やかでもないし、パサつくし、ちょっとクセがあるし、剛毛だし。
だから、いろんなトリートメントをやたらと大量に使っていました。
ケラ○ターゼのソワンレオも10本近く使ったと思いますし、
ELS○VEシリーズも、スティー○ンノルもTS○BAKIも。。。

今現在、シャンプーは小麦粉(+クレイ)。トリートメントはほとんどなし。でも、何も変わりません。

え?何も変わらないなんて、ダメじゃん!?

いえ、違います。

頭皮に悪い刺激を与えてお金もかけたヘアケア製品を、
肌に優しいお金のかからない小麦粉シャンプーに変え、
コーティング剤の入ったトリートメントをしなくても、

髪の状態は変わらないんです。

高いシャンプー&トリートメントを買って頭皮を傷付けるのはやめましょう。

人の髪なんて、シャンプーやトリートメントくらいじゃ変わりません。
一度傷めば戻りません。傷みやすい髪質の人は何をやっても変わりません。
パーマや特殊なトリートメントをかければ別ですが、
化学反応させないと、無理なんですよ。髪は死んだ細胞でできてるわけですし。

逆に、合成シャンプーから石けんシャンプーにしたら髪質が変わったって言うのも、
信じていません。小麦粉シャンプーで髪質が変わるっていうのも、ないと思います。


どうせ何も変わらないのに、なぜ肌に悪いものをお金をかけて使い続けるのか?
っていうことなんです。

どうせ何も変わらないなら、頭皮に負担のないものを使いましょうよ。
むしろ、頭皮が健康になれば、その方が健康な毛が生えてくると思います。



■ どうしても気になるなら、こちら。

>つやつやつるつるになりたいのなら、
 オーブリーオーガニクスのGPBコンディショナーをお勧めします。

シリコンを含まず、また、乳化剤に合成界面活性剤を使用していないので、
成分良好で頭皮にやさしい。
それなのに、仕上がりはノンケミコンディショナーの中ではピカイチ☆
つるつるのつやつやに仕上がる、それが推奨理由です。
ハンズやロフトで売っていますが、ちょっと高め。

個人輸入すれば激安だし、楽天でも安く売ってます。

オーブリー Aubrey :GPBコンディショナー GPB Conditioner 800円未満っ!
http://cosmeimport.no-mania.com/Entry/50/


★最新の最安値をチェック:オーブリーGPBコンディショナー325ml★



ただ、櫻田の場合、その栄養分が祟って、若干背中にニキビができやすくなるので、
デートの前日以外はトリートメントしません。
また、ふつうのリンスにも言えることですが、
頭皮やおでこ、背中等のボディーにかからないようにしましょう。


>サラサラになりたいのなら、
 小麦粉シャンプーにクレイを混ぜる方法がお勧めです。

ただ、クレイは粒子が荒いのでマッサージすると頭皮を傷つけますし、
また、脱脂力が強いので、あまり放置時間を長くしないようにしましょう。


>パサツキが気になるのなら、

ホホバオイルや椿オイル等を付けましょう。
高いシリコン入りのオイルを買う必要はありませんよ。

ちなみに、ホホバオイルも安いのでいいですよ。
こちら、櫻田のFirstホホバオイルです。


椿オイルはドラッグストアで手に入ります。

| リンスは必要? | 2011年11月18日21:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

小麦粉シャンプーV.S.他のシャンプー剤等

小麦粉シャンプーと他のシャンプー等を比較して、
その特徴を明らかにしてみたいと思います。


■ V.S. ふつうのシャンプー

TSU○AKIとか、パ○テーンとか、ドラッグストアで売られている一般的なシャンプーです。

洗浄剤には合成界面活性剤が使われているので、刺激が強く、
また、シリコンや防腐剤などの添加物が多く添加されているものが多く、
毛穴詰まりやさらなる肌への刺激が懸念されます。

詳しくは以下のページをご覧下さい。
小麦粉シャンプーが頭皮に良い理由
http://komugikoshampoo.blog.fc2.com/blog-entry-8.html

しかし、洗い上がりは本当にしなやかで香りも良く、ウキウキするようなものが多いですね。
パッケージも多彩で、気分もアガります。バラエティが豊富なのも良いですね。

ふつうのシャンプーに比べてコムシャンの良い所。
・合成界面活性剤、シリコン、防腐剤、その他添加物の刺激が一切ない。
・安い!

ふつうのシャンプーに比べてコムシャンの悪い所。
・香りが悪い。
・作るのが面倒。塗布するのが面倒。
・貧乏くさい。
・サラサラしない。
・ベタつく。



■ V.S. アミノ酸シャンプー

ふつうのシャンプーより「低刺激」ですが、
これも合成界面活性剤を使ったシャンプーであることに変わりはありません。

お話しすると長くなるので、さっくり。興味のある方はググってみて下さい。


合成界面活性剤にもいろいろな種類があります。

・硫酸系   ←ふつーのシャンプー。TSU○AKIとか、パ○テーンもそう。
・アミノ酸系 ←低刺激。
・ベタイン系
・グルコシド系。。。

シャンプーに使われる合成界面活性剤の代表格が、硫酸系のラウリル硫酸Naなどで、
安価で洗浄力が強く、一般のシャンプーに多く、本当に多く用いられています。

それよりはアミノ酸系の合成界面活性剤の方が、洗浄力が穏やかで低刺激なんですね。

ただ、櫻田も使っていたのですが、泡がとにかく立たないっ!
なので、多量に使ってしまいがちで合成界面活性剤の使用量が上がってしまい、
結局は刺激も大きくなってしまう、というもったいないことになりがちです。

お勧めは泡立てポンプの使用ですね。


良い所悪い所は、ふつうのシャンプーと同じです。
繰り返しになりますが、合成界面活性剤を使用したシャンプーであることに変わりはありません。



■ V.S. 石鹸シャンプー

いわゆる固形石鹸で髪の毛を洗う、という意味での石鹸シャンプーです。
液体石鹸シャンプーもほぼ一緒ですが、液体の方が刺激が強いという方も。

石鹸シャンプーは「ナチュラル」なイメージが通っていて、
ことネット上では賞賛の嵐を得ていますが、櫻田は要注意だと思っています。


シャンプーの悪い刺激というのは、大きくは2つあります。

1. 合成界面活性剤やシリコン、防腐剤などの添加物。
2. 界面活性剤の脱脂力

1.については「小麦粉シャンプーが頭皮に良い理由」で詳しくお話ししている通りで、
シンプルな石けんを使えばこれらの刺激を取り除くことができます。

しかし、刺激というのは「合成界面活性剤」だけではなく、
石けんもそうである、「界面活性剤」が持つ、強い脱脂力からも与えられてしまうので、
2の刺激は残ってしまいます。

頭皮が強く健康的な方は全く問題ないと思いますが、
肌の弱い方に石けんシャンプーはお勧めできません。

櫻田の脂漏性皮膚炎は、液体石けんシャンプーが引き金になったのではないかと、
根拠も確信もないのですが、そう思っています。


石けんシャンプーに比べてコムシャンの良い所。
・圧倒的に刺激が少ない。
・より安価。
・酢リンス不要で楽。

石けんシャンプーに比べてコムシャンの悪い所
・すっきり、さっぱり度が低い。
・作るのが面倒。塗布するのが面倒。



■ V.S. 湯シャン

お湯だけで髪を洗う、という意味での湯シャンです。

頭皮に湿疹ができた場合、身体にアトピーや湿疹が出来た場合、
手先が酷く荒れてしまった場合、シャンプーを止めて、
お湯だけで丁寧にすすぐと状況が改善する場合があります。

どんな刺激も受け入れられないほど肌が荒れてしまった場合に有効です。


湯シャンに比べてコムシャンの良い所。
・低刺激のまますっきり、さっぱり度をアップできる。
・小麦粉シャンプーがクッション、潤滑剤になって、マッサージの時の刺激を和らげる。

湯シャンに比べてコムシャンの悪い所。
・作るのが面倒。塗布するのが面倒。
・ほーーーんの少しだけれど、湯シャンよりは刺激があると思われる。



■ V.S. クレイシャンプー

ガスールやその他のクレイ(美容用の粘土・土)を用いた洗髪方法です。
界面活性剤が含まれていないのですが、クレイの持つ協力な脱脂力と、
粒子が粗いことによる肌への刺激がポイントになります。

洗い上がりはすっきり、そして髪が異常な位サラサラ(笑)して、静電気に悩まされる位です。


クレイシャンプーに比べてコムシャンの良い所。
・コムシャンは粒子が粗くないのでクレイに比べて超低刺激。
・安い!

クレイシャンプーに比べてコムシャンの悪い所。
・やっぱり作るのが面倒。
・すっきり、サラサラ感がない。

| 普通のシャンプー等と比較! | 2011年11月05日11:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |