小麦粉シャンプー研究所 .

小麦粉シャンプーは、頭皮に、お肌に、環境に、お財布に優しい、手作りシャンプーです。小麦粉シャンプーの作り方、使い方、良いところ、悪いところ、その他情報を掲載しています。

-->

小麦粉シャンプーの作り方:お鍋編

まずは基本のお鍋de小麦粉シャンプー♪
櫻田こずえ的、失敗しない小麦粉シャンプー作成法のご紹介です。

準備するものは、小麦粉、空のペットボトル、水、小鍋、木べら、ドレッシングボトル。
今回は1回分作ってみます。


1.小麦粉を計る

小麦粉は10%がちょうどよいそうです。
大さじ1が8gですので、すり切りよりちょっと多め。

nabe1.jpg


2.シェイク(ここがポイント)

空のペットボトルに水90CCと小麦粉を入れ、激しくシェイクします。
ほっぺたや二の腕のお肉がぷるぷるするくらい。
#BGMはSMAPの「SHAKE」です。これは譲れません。

15秒くらいで様子を見る。
乳白色の液体になっていたらOK. 粉やだまがなければOK。
この時点ではまだ液体です。

nabe2.jpg


3.火にかける

シェイク後すぐに鍋にいれ、木べらでぐるぐるしながら火にかけます。
もたもたしてると、小麦粉がだまになるので注意。

nabe3.jpg

あと一息。
nabe5.jpg


4.火からおろして冷ます。

火をかけ過ぎると固くなって塗りにくくなりますから、ご注意。

ちょっと火を入れすぎたかな、の図です。
nabe6.jpg

また、冷めると少し硬くなり、冷蔵庫に入れるともっと硬くなります。

ちょうど良い画像がないので、
2枚の写真のちょうど真ん中を目指してみてください(笑)

ただ、当日全部使うのであれば、冷めた後でも水を加えて混ぜれば、硬さ調整は可能。
保存する場合は、煮沸消毒という視点から考えると、好ましくないと思います。

シャンプーの硬さは、以下の二つで決まるようです。
 ・小麦粉の濃度
 ・煮る時間

途中で小麦粉を足してもダマになってうまくいきません。
きっぱり諦めて最初からやり直しましょう。


5.ドレッシングボトルに入れる

小鍋ごとお風呂に持っていくのもアリですが、なにせ、塗りにくい。
洗うべきは地肌なので、こんなボトルに入れて、ちゅちゅっと出していくと、
地肌に適量つけられていい感じです。

nabe7.jpg

| お鍋で作る | 2011年10月05日14:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |