小麦粉シャンプー研究所 .

小麦粉シャンプーは、頭皮に、お肌に、環境に、お財布に優しい、手作りシャンプーです。小麦粉シャンプーの作り方、使い方、良いところ、悪いところ、その他情報を掲載しています。

-->

小麦粉シャンプーが頭皮に良い理由

小麦粉シャンプーが頭皮に良い、というより、
 シャンプーやリンスが頭皮に悪いので、
 小麦粉シャンプーにすると頭皮に負担がかからなくなって、頭皮が元気になる、

ので良いのです。


■ シャンプー&リンスが頭皮に良くない理由。


・合成界面活性剤

ってご存じですか? これ、頭皮に悪さするんです。

ネット上なんかで検索すると、やたらと悪者にされている洗浄成分です。
沢山の誤解や行きすぎた批判を受けているものの、やっぱり頭皮に悪いのは確かなのです。

この合成界面活性剤がたっぷり入っているのがシャンプーです。

合成界面活性剤:
 頭皮の表面にあるタンパク質を壊し、
 頭皮を乾燥や刺激から守る「角質層のバリア機能」を破壊してしまう。

安価で高機能(洗浄、乳化、発泡、分散等)なため、様々な洗剤、化粧品に使用されています。

食器洗い洗剤って、頻繁に使うと手が荒れます。中に入っている合成界面活性剤が、
肌を乾燥や刺激から守っているタンパク質を壊してしまうからです。

実は、食器洗い洗剤と同じ合成界面活性剤が、市販のシャンプーに使われていたりするんです。


また、リンスにも界面活性剤がたっぷり入っています。
界面活性剤は汚れを落とすだけでなく、
リンスを作るのに必要な乳化材としても使われているからです。

致命的なのは、リンスはあまりちゃんと落とさないことです。
「毛先につける」なんて使い方に書いてありますが、頭皮にだって付いちゃうもの。
そして、それをあまり落とさない。。。
頭皮に残ったリンスの界面活性剤活が頭皮のタンパク質を破壊し続けるわけです。


・シリコン

髪の表面をコーティングして、髪をつるつるの手触りにしてくれます。

また、洗い上がりをしっとりさせるために、シャンプーにもシリコンが使われている製品が多くあります。
もちろん多くのリンスにもシリコンが使われています。

シリコンは、毛穴を詰まらせてしまうとか、キューティクルをはがしてしまうと非難されています。

今、ノンシリコンシャンプーが話題になっていますね。
ノンシリコンシャンプーを売るために、過度にシリコンを悪者にして
消費者を脅すマーケティングスタイルを取っている企業も多いです。

また、シャンプーやリンスの問題点はシリコンだけではありませんから、
「ノンシリコンだから安心」という早合点も問題ですね。

使用感を高めるために様々な添加物が入り、
また、肌を刺激しがちな保存料も沢山入っている点も問題です。





ただ、「合界は諸悪の根元」「シリコンは絶対悪」と思われている方、ノンケミ信仰の方、
少し冷静になってみてください。ネット上の情報は偏っていることが多いのです。

---

参考サイト:環境・安全の消費者情報(大学の研究者のサイト)
http://homepage3.nifty.com/oya_masaru/index.html

#こちらは石けん系シャンプーV.S.非石けん系シャンプー論争について、となっていますが、
#行き過ぎた「合成」批判の危険性、石けん称賛の根拠の危うさ等、とても勉強になります。
全部読んで頂きたいくらいなのですが(と言いつつ、櫻田も全部読めてない。。)
特に短くて分かりやすいのは、これかな。

「1ヶ月以上石けんシャンプーを継続すべき」の真の意味は?
http://homepage3.nifty.com/oya_masaru/ippan/ippan004.html

---

皮膚が弱く何かトラブルをお持ちの方が、その原因をこれらの成分に求めることは妥当だと思いますし、
逆に、皮膚の強い方が小麦粉シャンプーにしたところで、何の変化もないかもしれません。

それらの成分が「入っていない」と宣伝されている商品が、
必ずしも肌に優しく、良い商品だとは限りません。
成分だけで商品を判断するのは、素人のすることではないと思っています。

そういった今の状況を念頭に置きつつ、シャンプーを見直し、
小麦粉シャンプーを試してみて頂けたら嬉しいなと思います。





■ シャンプーやリンスは背中のニキビや顔のぶつぶつの原因かも?

背中や髪の生え際に、赤いニキビや白いぶつぶつが出来ていませんか?
櫻田の背中にも、ずーーーーーっとニキビ(アラフォーでもニキビっ!)が居座っていましたが、
小麦粉シャンプーにしてからなくなりました。いやほんとに。

本当に「だまされた」と思って1週間試してみて下さい。
あなたを悩ませるニキビや吹き出物が消えちゃうかもしれません。

消える原因は、合成界面活性剤とシリコンです。

この2つの成分の刺激が原因でニキビができていた場合、
その刺激がなくなればニキビができなくなる、単純な仕組みです。
(思春期でホルモンバランスがおかしかったり、ストレス性だったりする場合は別ですが。。)

どうせ試すなら、
 リンスも使わない。
 ボディーシャンプーも使わず、石鹸で優しく洗う。
 洗顔も石鹸、またはぬるま湯洗顔等に変える。

ことで、合成界面活性剤やシリコンとの接触を徹底的に絶ってみてください。
顔も頭皮と一続き、肌は一枚皮ですから、洗顔料も1週間気を使ってみてください。


■ 小麦粉シャンプーはとにかく「刺激がない」。

小麦粉シャンプーの洗浄成分は「小麦粉のグルテンという成分」です。
小麦粉アレルギーの方以外、刺激はほとんどないでしょう。
また、小麦粉シャンプーに保存料は入っていません。だから刺激しようがないんです。

さらに、皮脂を過剰に落とさないので、肌が過剰に乾燥し、
さらに皮脂の過剰分泌を促す悪循環も防ぐことができます。
その点、石けんシャンプーよりも優秀なのです。

また、しっとりした洗い上がりで、リンス要らず。
もちろん勝負日にはトリートメントをしたりしますが、香りと気持ちの問題だけだと思いますが(笑)







小麦粉シャンプーを使うことで、今まで散々頭皮を刺激して来た、
「合成界面活性剤」と「シリコン」を絶つことができるので、頭皮が健康を取り戻すことができる。

これが小麦粉シャンプーが頭皮に良いと言われる理由です。

| 頭皮に良い理由 | 2011年10月26日11:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |